閉じる

Case Studies導入事例

「ミス コミュニケーション」改善研修

2019.03.05
  • 階層別
  • ビジネススキル(対人)
株式会社シーズ 様

バンダイナムコグループのOEM開発・生産をはじめ、玩具・玩菓・電子ゲーム・文具などを開発・生産しています。

HP:https://www.seedsj.com/
  • 目的と狙い

    コミュニケーション不足によるミスやトラブルというものは、その大小を問わず誰しも一度は経験したことのあることだとは思います。弊社は製品の受託開発から生産までを一貫して行う製造会社なのですが、様々なシーンにおいてコミュニケーションはとても重要なスキルだと考えています。また、教育においても、コミュニケーション不足による行き違いで悩む声も聞かれていたことから、研修実施を検討していました。

     研修を通して再認識できればと思ったのは、自分がわかること・知っていることは相手も同じレベルで理解しているという無意識の前提が、ミスコミュニケーションにつながるということ、そして自分にそんな意図はなかったのに、声のトーンや表情、態度であらぬ誤解を与えてしまう可能性があるということです。普段、無意識に行っているコミュニケーションが相手にどんな印象をあたえているか理解したうえで、円滑に業務を行うヒントを掴むことを目的としました。

    受講前のミスコミュニケーションの一例としましては、
    <社内>アルバイト等短期で仕事を手伝ってくれる方や新入社員に対しての日常的な声掛けや変化への気づきが不足しており、相手の「誰に聞けばいいかわからない」「忙しそうで質問しにくい」という気持ちを汲めず、なかなか新人を一人前にすることができていませんでした。
    <社外>協力会社の方へ仕事を依頼するときの説明不足が原因で修正や仕様等のもれが発生し、手間をとらせてしまうこともありました。

     そのような状況から、2018年3月に2日間に渡って、社内外に指示出しを行うことが多いリーダー層を中心にCAMさんの研修を実施したところ受講者からの反応は非常に好評でした。その後、内容を聞いたその下の若手層や未受講のメンバーから“自分達も受けたい”と声が上がり、今回6月・8月に全2回、若手層を中心として「相手の理解度や状況に応じた依頼・指導ができるようになるため」のコミュニケーション研修を再度開催していただきました。

  • 研修で良かった点

    コミュニケーションの必要性や、具体的な言葉遣いや相手に伝わる話し方等、様々な角度からコミュニケーションに関して受講者参加型のワークも交えてお話いただきましたが、「雑談力の強化」や「褒めるコミュニケーションの始め方」等、現場ですぐに活用できる内容が多かったことが良かったです。受講者メンバーもしきりに頷いたり、講師の方が挙げる例に、そうなんだよねぇ…と言葉をもらしてしまう様子も見受けられました。

     また、他人同士の集まりである会社組織が機能するためには、自然に任せず能動的に人と関わっていかなければいけないこと、そのためのあり方を全員が工夫しないとストレスは蓄積すること等、大事でありながら、ややもすれば眠くなってしまうような講義の部分も、講師の方が寸劇等を交えながら、面白おかしくお伝えいただき、終始飽きずに大事なことを身につけられた印象でした。
     そして、1回目と2回目の間を1ヶ月以上空けたのですが、その間に課題も取り入れていただけたことはより学習効果が高まったものと捉えております。

  • 導入効果

     講師の方が研修の最後におっしゃった「今回の研修で学んだことからまずは一つ、やってみてください」という言葉を受けて、笑顔で挨拶などそれぞれがさっそく実践しており、その日の帰りには笑顔で「お疲れ様です!お先に失礼します!」と挨拶する姿がみられました。
     また、言葉遣いや会話の組み立てに関して、以前より分かりやすくなるように自身で言い直したりする等、改善しようとする姿勢が見られると、受講者の上長から報告を受けています。以前であれば言いっぱなしにしていたところを、自身の言動を振り返って、相手に伝わったか確認する、という行為が入るだけでも大きな成果とみています。
     今後は、円滑なコミュニケーションに加えて、相手に気持ちよく動いてもらえるための指導レベルをもっと上げていかなくてはいけないと思いますので、次回は指導力強化研修も検討していきたいです。

  • 営業担当者の声

    今回の研修では、受講者が皆お忙しいということがネックでしたが、結果的に半日×2日間のスケジュールを取り、より多くの方にご参加いただくことができました。

    また企画段階で、ご担当者様と課題やゴールの共有ができ、またいくつかのプランを絞って研修構築ができたおかげで、よりご要望に近い研修が実現できたと思います。

    当日から早速研修内容を実践いただき大変嬉しく思います。皆様のより一層のご活躍を願っております。

メールでのお問い合わせ
03-6837-5300 平日9:00~18:00