閉じる

Case Studies導入事例

「リーダーとしての効果的なコミュニケーション」研修

2019.03.05
  • 階層別
  • ビジネススキル(対人)
  • 部下育成
清水工業株式会社 山梨工場 様
  • 目的と狙い

    弊社の組織は、GL(グループリーダー)、SL(スタッフリーダー※課長クラス)、課長代理、TL(チームリーダー)、主任で構成されており、リーダー教育を実施できていませんでした。特に、SL以下のリーダー育成を出来ていなかったことから、各階層全員ではなく選抜したメンバーからリーダー研修を実施し、リーダーとしての役割認識と、リーダーとしてのコミュニケーション力を育成したかったことから、実施いたしました。
    状況としましては、個人差があるものの、後輩に対して口うるさく言う人もれば、口数が少ない人もおり、役割として指示すべき時には、言いやすい・言いにくい、年齢の上下等に関わらず指導ができるようにすることが理想でした。またその一方で、普段の関係作りの中で声かけや、気遣いが適度に出来るようにすることも大切であるため、緩急つけた指導を適切に行い、チームを牽引していくリーダーを育てることを望んでいました。

  • 研修で良かった点

    初めて研修を受ける者がほとんどであったこともありましたが、真剣に話を聴き、半日を通して積極的に取り組んでいる姿が印象的でした。
    特に、『リーダーとしての効果的なコミュニケーション』では、「傾聴」「承認」「質問」「伝わる言い方」の講義をしていただいた中で、それぞれのパートで学んで欲しいことは多かったのですが、まずは“現場ですぐ使える簡単な聴く姿勢や問いかけを覚えてもらうために”、と用意していただいた、説明用のチャートとワークが非常に分かりやすく、現場ですぐ使えると感じました。こちらは、非日常空間である研修での内容を、日常の現場での具体的行動に繋げやすいものでした。
    4時間という限られた時間ではありましたが、その中でポイントを押さえて対応していただけたと満足しています。

  • 導入効果

    叱ることはこれまでと変わりませんが、その際に一方的に自分の思うままに話すというよりは、きちんと相手の状況や行動に至った背景を把握するための質問や意見を聴くことが、以前よりできていると現場上長から聞いています。その方が、相手に伝わりやすく、受け入れられやすいということを研修と実践を通して、感じている証拠かなと思っています。

  • 営業担当者の声

    業務の繁忙にも関わらず山梨・茨城2工場からご参加いただき白熱したワークも実施していただきました。初めて研修を受けられる方が多い中、リーダーとして必要な役割やコミュニケーション手法を学ばれ、研修終了後も講師への個別質問をしていただくなど皆様積極的に取り組んでいただきました。研修後午後の業務から早速実践もしていただくことができました。

メールでのお問い合わせ
03-6837-5300 平日9:00~18:00