閉じる

News Columnニュース・コラム

振り返りの時間とフィードバックがコーチング力を高める~行政機関事務局様~

2019.03.10 研修レポート

2018年10月、関東の行政機関事務局様にて「関東エリア課長補佐研修」を実施し、42名の方々にご参加いただきました。

今回の事務局様では毎年各階層別研修を実施されており、今回は課長補佐級の職員様に対し、「組織のマネージャーとして多くの役割(部下の育成、他部署との調整、仕事の段取り等)を演じ、更に限られた時間の中で成果を上げられるようになってほしい」 という役割期待のもと、実施にいたりました。

そこで今回は、部下育成スキルの1つである「コーチングスキル」を習得し、今後の期末面談や日頃の部下とのコミュニケーション力を上げることを目的としました。

コーチングをご存じの方は全体の2割ほどでしたが、皆様真剣に聞いてくださり、また個人ワーク、ペアワーク、ディスカッション、発表と、すべて積極的に参加されていました。

ペアワークやグループごとの討議をふんだんに入れ、受講者の積極的な参加姿勢によって、コーチングへの理解だけでなく、受講者様ご自身がご自分と向かい合い、内省も促進されていると感じました。

初対面の方が多い研修でしたが、お互いの発言に耳を傾け、意見を吸収しあうことで、日常の業務を見直されていることが印象的でございました。

受講者の声

•研修生の発表に対し一言必ずアドバイスくださり、説得力がありとても良かった。

•これまで、あまり意識していなかった上司・部下との接し方について今回の研修を受講により「コーチング」の必要性を感じました。(すぐ実践したいと思っております。)

講師より

今回の研修を経た後、数か月後に、振り返りの時間を設け、行動に対してフィードバックの機会があれば、さらに学びが深まると存じます。

【講師:昌子】

研修内容

  • オリエンテーション
  • 研修の目標設定
  • コーチングの理解
  • コーチングのアプローチ
  • コーチングスキルの習慣
  • 今後の行動計画作成
  • 今日のまとめ

関連する研修

コーチング研修

管理職研修

関連する研修レポート

ティーチングからコーチングにシフトした面談で部下の納得度を高める人事考課~鉄鋼関連会社様~ 【CAM】

メールでのお問い合わせ
03-6837-5300 平日9:00~18:00