閉じる

Training Programコーチング研修

目的と狙い

①自発性を促すための基礎知識(具体的な質問の仕方)を習得する。

②若手・中堅指導に関わる当事者意識を改革する。

③対象層の段階に併せた適切な指導方法を習得する。

研修の効果

内発的動機形成を実現し、自ら積極的に動ける人材を育てるための指導力を身につけることができます。

研修スケジュール例
コンテンツ 概要 時間

オリエンテーション

研修の実施目的、習得すべき考え方について理解する。

30分

コミュニケーション

コミュニケーションは質と量の両方が大切であることを理解する。

・質 ⇒ 伝える技術と聞く技術を高めこと

・量 ⇒ 日々の声掛けなどのストローク(近接性の法則)

1時間

アクティブリスニング

●相手を理解するために必要な、正しい話の聞き方(傾聴)のスキルを習得する。

●コーチングにおいて、傾聴が必要不可欠であることを理解する。

2時間

コーチング

●ティーチングとコーチングの違いと、それぞれのメリットを理解する。 

●ロープレやケーススタディを通して、コーチングを実践する。

●GROWモデルを理解、実践する。

3時間30分

 

 

まとめ

研修を振り返り、今後実践することを発表する。

30分

メールでのお問い合わせ
03-6837-5300 平日9:00~18:00