閉じる

Training Programコンプライアンス研修

目的と狙い

①問題と課題解決のためのアプローチを習得する。
②目的の導き出し方を理解する。
③相手の立場を十分に理解する手法を習得する。

研修の効果

改善するための適した施策と、現状の課題を正しく把握し、改善方法を導きだせるようになります。

研修スケジュール例
コンテンツ 概要 一覧

オリエンテーション

研修の実施目的、習得すべき考え方について理解する。

15分

職務におけるコンプライアンス

1)問題となる職務上の法令違反

2)見過ごしがちな備品の使用・管理にかかわる法令

3)業務上知り得た情報(技術情報、製品情報、顧客情報)の管理 等

1時間15分

マネジメント上のコンプライアンス

1)部下のマネジメントと法令

2)労働時間管理にかかわる法令

3)職場の安全衛生管理

4)従業員の健康管理とメンタルヘルス

5)セクハラやパワハラ 等

1時間15分

事例研究(テーマに準じた自社内の状況確認・対策検討)

1)事例研究①:「企業の情報漏洩のリスクと未然防止」

2)事例研究②:「長時間労働の原因と削減のための方策」

*上記二つの事例共に、問題点の検出、改善策を検討

1時間

まとめ

今後自分自身が最優先で取り組むべき課題を明らかする。

15分

メールでのお問い合わせ
03-6837-5300 平日9:00~18:00