閉じる

Training Programビジネス文書作成

目的と狙い

①ビジネス文書の種類とそれぞれの作成方法を習得する。

②伝えたい内容を明瞭かつ簡潔に、論理的に伝えるコツを習得する。

③基本マナーと慣用表現を確認し、定型文を確実に習得する。

 

研修の効果

相手が何を知りたいかを意識した、伝わりやすい(メール含む)簡潔な文書作成ができるようになります。

研修スケジュール例
コンテンツ 概要 時間

オリエンテーション

研修の実施目的、習得すべき考え方について理解する。

30分

ビジネス文書の基本

●「ビジネス文書では何が大切か」について検討し、最大のポイントは「相手が何を知りたいかを意識すること」を理解する。

●文書要約演習を通して、要点をつかんだ文書化のプロセスを体験する。

1時間

伝わる文書の書き方①(社内文書)

●ビジネス文書の基本ルールを知り、伝えたい内容を明瞭かつ簡潔に、論理的に伝えるコツを習得する。

●社内文書は「何のために必要か」という意味理解のもと、文書の種類毎に、具体的な文例を用いて、用途や構成・作成時のポイントを習得する。

●演習にて、文書添削と文書作成を実践的に行い、確実にスキルの定着を図る。

2時間15分

伝わる文書の書き方②(社外文書)

●社外文書の基本マナーと慣用表現を確認し、定型文の確実な習得を図る。

●定型文書の作成スキルを確実に身につけるとともに、「読み手の立場に立った」文書作成のコツおよび、ワンランク上の、相手の心を動かす気配りポイントを習得する。

●演習にて、例文の添削と実践的な文書作成を行い、確実にスキルの定着を図る。

2時間15分

ビジネスメールの書き方

●迷いやすいメールの基本マナーを確認する。

●研修で習得した文書作成スキルを活用しつつ、メールを読みやすくする工夫を加え、実践的なスキルを習得する。

1時間

まとめ 

研修を振り返り、今後実践することを発表する。

30分

メールでのお問い合わせ
03-6837-5300 平日9:00~18:00