閉じる

Training Program若手社員研修

目的と狙い

①社会人としての役割意識を再度振り返り、求められる行動を取れるようにする。

②報告・連絡・相談などの基本行動を徹底し、仕事を多く依頼される人材になれるよう習得する。

③組織の一員として必要な、コミュニケーションの必要性・スキルを習得する。

研修の効果

●仕事に取り組む基本的な考え方・スキルの必要性を認識することで、周囲へ関わる姿勢がより強化されます。

●後輩を持つ先輩社員として、自身の言動が後輩へ影響することを理解することで、基本姿勢が正されます。

 

研修スケジュール例
コンテンツ 概要 時間

オリエンテーション

若手社員への会社の期待値と、求められている役割を理解する。

15分

コミュニケーションの必要性

●自身の置かれている環境を振り返る。

●理想とする組織を描き、現時点で感じている自身のコミュニケーションについての課題を抽出する。

●円滑なコミュニケーションの根底には、マナーやホスピタリティマインドが不可欠であることを認識する。

1時間30分

3つのコミュニケーションスキル

●相づちやうなずきなどを活用し、相手が話しやすいと感じる共感性の高い聴き方を習得する。

●質問スキルを身に付け、掘り下げ質問をすることで、上司や先輩、後輩、新人との信頼関係構築を目指す。

●いくつかの話法を取り入れ、伝える力を強化する。

 

2時間30分

報告・連絡・相談の基本と実践

●報告・連絡・相談の必要性と、それぞれの違いと効果的な活用方法を理解する。

●それぞれの方法や注意点を理解し、事前準備の必要性やポイントを習得する。

●報告・連絡・相談を取り入れたケーススタディを通して、より実践に即した力を習得する。

3時間

まとめ

研修内容を振り返り、今後周囲とどのようなコミュニケーションを図っていくか発表する。

15分

メールでのお問い合わせ
03-6837-5300 平日9:00~18:00